真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった このページをアンテナに追加 RSSフィード

|

19-02-2010

「Re: 「ゆにおんわん」につきまして」への返信への返信

「Re: 「ゆにおんわん」につきまして」への返信への返信 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - 「Re: 「ゆにおんわん」につきまして」への返信への返信 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった 「Re: 「ゆにおんわん」につきまして」への返信への返信 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

上野千鶴子さんへーー「ゆにおんわん」につきまして

http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20100218/p1


Re: 「ゆにおんわん」につきまして

http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20100218/p2


上野千鶴子さん、メール返信頻度、民間なみにすごい。


↓つづき。

上野さん


ご返信ありがとうございます。


ブッシュのような公人ではないとのことですが、前回のメールでは「不当労働行為を行い、そのことに開き直っている公的な役職を持つ権力者の画像」という表現を使用しております。「公人ではない」というのはこのうち「公的な役職を持つ」の部分に関してのことかと思われますが、ここだけご指摘になり、他には触れないということは、他の部分については共通認識であると考えてよいでしょうか。


権力関係を含む対立についての映像作品に対して権力者側からまず「著作権」「肖像権」といった言葉が出てくることへの違和感とその理由については、前回のメールでご説明しました。もう少しかみくだいて文章化することも可能ですが、これ以上は有料となります。


理由を説明したのに、「ネットの業界にその「違反」が横行しているだけで、あなたがそうしてよい理由にはなりません」というような想像をなさるのはなぜか、またしても想像することもできません。ネットの慣例についてこちら側から触れたでしょうか。


人格についてですが、これ以降信頼をうしなうということであればこれ以前はあったということになります。


なお、現在の法律の枠内でも、僕のやっていることに問題はありません。ですから、「権利」といったことについて切り口としたいのであれば、信頼できる弁護士に相談されてもよいかもしれません。僕と同じことを言うでしょう。ただし、上野さんは英語圏のフェミニズムを輸入する過程でも勉強されたことと思います。このような問題が生じた場合に、権力者側が自らを省みて直すべきところは直す前に、まず手に取るのが「肖像権」のような法的概念だとしたら、それはフェミニズムの「いろは」も勉強していない権力者ということになってしまわないでしょうか。


常野雄次郎

トラックバック - http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20100219

18-02-2010

上野千鶴子さんへーー「ゆにおんわん」につきまして

上野千鶴子さんへーー「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - 上野千鶴子さんへーー「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった 上野千鶴子さんへーー「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/teacher_detail.cgi?id=121


上野千鶴子さん


いつもお世話になっております。

常野雄次郎と申します。

貴戸理恵さんをメインゲストにしたジェンコロで何度かお目にかかっております。


さて、WAN争議につきまして、下記の映像作品を製作・発表いたしました。この中で、上野さんの画像を使用しております。

http://d.hatena.ne.jp/toled/20100218/p1

http://d.hatena.ne.jp/asita211/20100218/1266491537

http://www.youtube.com/watch?v=EANH_6mZ-ZA


上野さんは日ごろよりバトラーを含む英語圏フェミニズム輸入業としてご活躍されていますので、この程度のことで通知を差し上げる必要はないものと考えますが、知人より、話題とされる場合は告知を希望なさると聞き及びました。手続きとして必要なことではありませんが、お望みであるとすればもちろん直接お伝えしたほうがよかろうと思い、メールしたしだいです。もしよろしければ、お友達とも情報をシェアしてください。


こんごもこの件については組合を支持する立場より組合とは独立して発言を続ける予定です。そのような場合はあらためてお知らせいたします。


では、なぜか気温の変化が逆転中ですがごきげんよう。


常野雄次郎

http://yt77.blogspot.com/

http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/

http://toled.iza.ne.jp/blog/

http://d.hatena.ne.jp/asita211/

http://d.hatena.ne.jp/toled/



Re: 「ゆにおんわん」につきまして

Re: 「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - Re: 「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった Re: 「ゆにおんわん」につきまして - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20100218/p1

上記に返信が来たので、返信しました。




上野さん


さっそくのご返信ありがとうございます。


一般論として、対立がある場合に、当事者間で認識にずれがあったり、発信される情報が食い違うということはよくあることです。

ただし、圧倒的な権力関係のからむ労働問題については、まず労働者側の申し立てをとりあえず正当なものと推定し、そのうえで随時判断を修正することにしております。


具体的に今回の案件については、組合側からの問題提起を受けて、双方の言い分を知ろうとする努力をしております。

残念ながら使用者側からの情報発信は現時点で限られたものしかありませんが、京都では団交に組合側に連帯する立場で参加し、理事や「ボランティア」、さらに弁護士から直にお話しをうかがいました。

その上で、組合側を支持するという判断を継続しております。

上野さんが何を根拠にして「一方の言い分だけを信用して発言」していると想像されているのかは想像することもできませんが、すくなくともそのような意図はこの案件についてはございません。


さて、現代社会においては、労働者は分断されております。個々の現場で、そこに直接所属する労働者が使用者と対峙する場合、その案件を共有し、労働者階級全体の課題としなければ、簡単にひねりつぶされてしまいます。今回の案件では、当該が表現能力にたけているということもあり、各地の労働者から注目を集めております。


それを受けて、僕も組合を支持しつつ、しかし「現場」からは離れた場にいるものとして、また、当該組合に属さない立場より、表現活動を行っております。

その一つが、今回の映像作品です。

今回の案件を直接の主題としている以上、不当労働行為を行い、そのことに開き直っている公的な役職を持つ権力者の画像をその中で使用しております。これは僕の選択したことであり、僕に責任があります。

画像はWANのサイトからダウンロードしたものです。

対等な個人間の争いではなく、権力関係において生じている問題について扱っておりますので、「クレジット」や「肖像権」ということをいきなり持ち出されることには、社会常識からして違和感があります。

たとえば、反戦デモでのブッシュ人形などを思いだしてください。


とは言え、今回の争議の特徴は、使用者側が労働者や女性の権利、そしてそれを獲得する運動についてお勉強のレベルでは専門家であることになっていながら、ことごとく世間知らずである(のか、それを装っている)かのように行動していることです。ですから、今回の上野さんのメールにも今さら驚きはしません。


削除を希望されるとのことですが、現段階では応じる用意はありません。

もしどうしてもということであれば、法的な解決方法を模索してみてもよいかもしれません。

ただし、コミュニケーションに困難が予想され、お互いに消耗することになってしまってもつまりませんので、もしそうされるのであれば、最初から裁判という手段で動いていただければ幸いです。もしそのためにこちら側の個人情報が必要となるようであれば、協力いたします。


最後に、誤解が生じやすくなっているようなので繰り返しますが、僕はユニオンWANを支持しています。団交には、その立場で同席しました。しかし、それ以外の場での表現活動については、一部の機密保持を除き、何らの指示・要望も受けておりません。ブログは個人の責任でやっています。僕の記事を今後の協議において口実にすることはどうかお控えください。


では、また何かありましたらどうぞお気軽に。


常野雄次郎

http://yt77.blogspot.com/

http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/

http://toled.iza.ne.jp/blog/

http://d.hatena.ne.jp/asita211/

http://d.hatena.ne.jp/toled/

romantisch_konservativromantisch_konservativ2010/02/20 00:32すごいですね.東さんに引き続き,面白いことをやっておられますね.

トラックバック - http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20100218

23-10-2009

物理的暴力/構造的暴力

物理的暴力/構造的暴力 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - 物理的暴力/構造的暴力 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった 物理的暴力/構造的暴力 - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

 一連の議論を 追っていない。というか、左翼側のエントリーは それなりに 読んでいるが、逆側のエントリーは ほとんど まじめに よんでいない。流れとは ずれるかもしれないけど、これまでも別ブログで くりかえしてきたことを くりかえしておきたい。

 排外主義者の物理的暴力は、ただそれだけが 独立して 存在しているわけではない。埼玉県蕨(わらび)市におけるカルデロンさん一家への攻撃を思いだそう。あれの、なにがどのように 問題なのか? もちろん、暴言は暴言として、差別行動は差別行動として、非難されるべきである。

 しかし、在特会はじめ一連の「行動する保守」の暴力をとりわけ 有害ならしめていたのはなにか? 言うまでもなく、日本国家の入管政策である。もし、そもそも 国外退去などという 冷酷無比が なかったのであれば、そしてそれを支える 日本社会に蔓延する排外主義がなければ、あの行動も 「ただのへんなひとたち」の見せ物でしかなかったかもしれない。実際、モンティ・パイソンのスケッチには次のようなものがある。


 ここでは、生き残ったヒトラーがイギリスに 潜入し、ナチス再建をきして、くだらない 「演説」に 必死になる姿が、ほとんど「ピエロ」として 描かれている。もちろん実際のイギリス社会は 深刻な人種主義を いまだ 克服しえていない。だが このコメディ・スケッチは、「極右」の暴力が 実質的な問題となるか いなかは、その 多くを 文脈に おっていることを しめしている。

 さて、では問いを かくだいしよう。在特会の暴力は、いかなる文脈に おいて 有害となるのか? 日本国家の人種主義政策と 社会の排外主義においてである。この意味で、物理的暴力は、構造的暴力を必要としている。あるいは、構造的暴力が物理的暴力に 暴力としての有効性を 保証する。

 しかし、さらに 問わなければならば ならない。構造的暴力は、何によって 保証されるのか? この問いには、次のような 反実仮想が ヒントを 与えてくれるかもしれない。もし仮に、カルデロンさん夫妻が 国外退去を拒否し、あくまでも この国に 留まることを 主張し続けていたとしたら どうだろう? 日本政府は、ソフトな言辞で「説得」を 続けていただろうか? もちろん そんなことは ない。彼らは 物理的暴力によって 引きづり出されていたことだろう。ちがいが あったとしても、ほんの数日の 時間かせぎにしか ならなかっただろう。 逆に 彼らの帰国が 穏やかに 行われる映像は、そのような 「別の選択肢」が 招いていたであろう 物理的暴力を 予期させるものであった。

 つまり、構造的暴力と物理的暴力は それぞれに 独立して そんざいするのではない。また、前者は 後者の不当な拡張であるとの 非難も 無効である。むしろ両者は、相互を包み込み合うようにして、補完し合いながら機能しているのだ。

 だから主要な敵は、在特会ではない。おりしも、先の総選挙では 改憲勢力が圧倒的勝利をおさめた。小泉選挙が 偶然であったとしても、今回の民主党の圧勝は、日本の右傾化を確実に推し進めていくだろう。それは、在特会の、警察の、入管の、「国民」の暴力の 実害をも 増大させる。それゆえにこそ、一部暴力団体の「わかりやすい」醜態だけを 切り離して 問題にすることは 許されない。排外主義の暴力は、さまざまな形態をとりながら、さまざまな要素がからみあいながら、関係の総体として 存在する。「在特会」を非難して 反日を掲げない者は、自らの矛盾を 問うべきである。また逆に、「在特会」に反対することは、すなわち日本国家・国民・社会を 否定するということでなくてはならない。すなわち、戦後社会の 暴力と非暴力の合作である「永遠の嘘」という自己欺瞞と 決別しなくてはならない。

 さらに一言つけくわえよう。先の東京都知事選において、石原慎太郎をファシスト規定し、二番手の浅野史郎に投票しないものは 石原を支持しているものも同然、という恫喝が、山口二郎を中心としてなされた。近い将来、彼は言い出すかもしれない。「在特会」を絶対に容認してはならない。「在特会」「よりまし」な選択肢として、石原慎太郎のもとに結集しようと。それはジョークとしても、日本国家の暴力がいかに分散して、しかし支え合って、対立しながら共存して この社会を覆い、外国人にいかなる脅威となっているかということを 理解しておくことが 重要だ。


関連エントリー

「「民主主義よ、お前はもう、死んでいる」——グアンタナモ化した政治と敵対性の外部化について」


「永遠の嘘をついてくれ」——「美しい国」と「無法者」の華麗なデュエット

前編: http://d.hatena.ne.jp/toled/20070726/

後編: http://d.hatena.ne.jp/toled/20070727/


p.s. 1 このような 暴力のとらえかたは、なにも 「はてサ」が とつぜん おもいついたものではない。数百年前からの常識である。だって、ちょっと 考えれば すぐに わかることじゃん。


p.s. 2 物理的暴力と構造的暴力の メビウスの輪的な 連関を描いた作品として、↓を強く おすすめします。

トラックバック - http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20091023

20-09-2009

豪遊!ーーネオリベ批判したら、サピックスから49,000円もらえた

豪遊!ーーネオリベ批判したら、サピックスから49,000円もらえた - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - 豪遊!ーーネオリベ批判したら、サピックスから49,000円もらえた - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった 豪遊!ーーネオリベ批判したら、サピックスから49,000円もらえた - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

まず、豪遊の画像を どぞ。


これが3万円のワインだ!!!!

f:id:toled:20090808185040j:image


おもわず ほほずりしたくなるような 値段!

f:id:toled:20090808185054j:image


これがオチです。

どうして こうなたかっていうと、なんと いいましょうか、ラディカリズムとネオリベと保守反動勢力のコラボの成果と いいましょうか。まあ そんな感じです。


数年前に、『不登校、選んだわけじゃないんだぜ』っていう本が でました。メインは貴戸理恵(きど・りえ)さんが かいてるんですが、ぼくも 10%くらい かかせてもらいました。かくほうめんから いまでも ぜっさんされている、すばらしい本です。


とうしょは、「だから安易な 不登校容認はダメなんだ」みたいな主張のひとから好評だったりして ゲンナリしたこともあります。そんなこと、貴戸さんも ぼくも まったく かいてないし。マオ主席は、敵から批判されるのは いいことだ。ぎゃくに 敵に賛同されるとしたら 悪い兆候だ、みたいなことを いってます。論理的に考えると ちょっとアレなんですが、いいたいことは わかります。


けどいっぽうで、ずっとずっとまえから おなじような もんだいいしきを もってきたひとと であい、「ええこと かいたなあ、あれは」とか いってもらって、「そうそうそうそうそうそうそう、そうっすよねー」と 意気投合することも あって、やっぱ いい本だったんだなあと おもいます。「プレ<図サル>」的な げんかいも あったりするんですが、しかし よくよく よんでみると、「え! 「図サル」よんでないのに ここまで かいてるの? センスいいね」的に いいです。



え? なにがどう いいのかって? よめばいいじゃん! いまなら いちぶだけだけど、ひらがなバージョンがネットで みれるYO!


『不登校(ふとうこう)、選(えら)んだわけじゃないんだぜ』 第4章 ひらがなバージョン

http://d.hatena.ne.jp/toled/20090714/p1


ただし、これもぜんたいのなかで いみを もつので、ぜひ本をゲットしてください。図書館にかなり はいってるし、アマゾンのマーケットプレイスで1円に なってることも おおいです。


で、なんで3万円のワインを飲んだかというと、Sapix(の子会社?)から 49,000円もらったからです。Sapixというのは関東にある塾のチェーンで、公立中学校(杉並区立和田中学校)が私物化されるという 最先端のネオリベ現象にかかわっています。*1


なんでも、そのSapix、教材でしようしている ぶんしょうの 著作権にからんで、日本文藝家協会という悪の反動団体から おそろしい ゆすりたかりを うけたそうです。で、そのさいに ちょうさしたところ 日本文藝家協会に加盟してないひとの 著作物も むだんしようしてることが わかり、こべつに連絡して 清算することになったとか。そのなかで 『不登校、選んだわけじゃないんだぜ』も 国語の問題の一部として つかわれてたことが わかったので、とつぜんですが あなたに49,000円あげます! みたいな てんかいに なりました。


本の売り上げのプラス要因には なっても マイナス要因には なりようがない。日本文藝家協会を 容認したことに なっちゃわないか。不登校について書いたことで 受験産業から 報酬をもらうなんて。。。というようなことを ふつうだったら かんがえると おもいますが、なんせ49,000円という非常事態だったので かんがえないことにして 一瞬でもらう けつだんを しました。なお、あとで 教材を おくってもらいましたが、しんじられないくらい 質が高かったです。そうぞうですが、マイノリティ言説とかに関心のある高学歴ワーキングプアの方が作問してくださったのではないかと おもいます。実は同じ本からの 抜粋が 信州大学教育学部の入試問題になったことが あるんですが、出題意図がイミフでした。そのけいけんから きたいはしてなかったんですが、こんかいは それ自体が さくひんであるような、すばらしい問題でした。


で、その49,000円から税金が引かれたり、衝動的なむだづかいをしたあとで のこってた 3万円で ワインを 買って、元登校拒否児数名の宴会に 持参しましたよと、こんかいは そういう おはなしでした。ごきげんよう。え? ワインのお味は? 高いワインの味は、高いワインをたくさん飲んでないと わかんないです。こんかいは、その最初で最後の一歩でした。投資とおもえば やすいものです。


こんかいの教訓:文章でどんなに かげきなことを かいても、それ自体では 体制に反抗したことには ならないし、なんでも商品にしてしまうのが資本主義。資本SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ふところふかい!!!!! というわけで、暴力的直接行動で ぶっこわしましょう。

トラックバック - http://hatesa.g.hatena.ne.jp/toled/20090920

17-08-2009

これだけ違う アラサー男子コスメのBefore & After(画像あり)

これだけ違う アラサー男子コスメのBefore & After(画像あり) - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった を含むブックマーク はてなブックマーク - これだけ違う アラサー男子コスメのBefore & After(画像あり) - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった これだけ違う アラサー男子コスメのBefore & After(画像あり) - 真の東京シューレ / The Real Tokyo Shure Army, RTSA / あっちはニセモノなので、Schuleになっちゃった のブックマークコメント

 イケメンのみなさーん、げんきですかー?


 かつて はてな村では 「非モテ」ろんぎが さかんでしたが、イケメンについては あまり かたられてきませんでした。これって 逆差別じゃないでしょうか!? イケメンだって 当事者です! イケメン・トークで もりあがりましょう。


 さて、われわれ イケメンは、あさおきて かがみをみて、じぶんが イケメンであることを さいかくにん します。どりょくは いらない。あらかじめ イケメン。それが イケメンです。


 しかし! だからって メイクをさぼるのは、もったいないです。なぜかって? まあまあ、↓を みてください。

(合コンのフェアリー、id:terracao のブクマより)


 うへー。楽しそうっっwww






 というわけで、やってみる ことにしました。

f:id:toled:20090815122526j:image


 すでに イケメンです。しかし やります。

 とうしょは マジックでやろうとしましたが、鏡を 見ながらだと 右と左が ごっちゃになって うまく いきませんでした。


 しかし やると きめたら やります。そして、いま いちばん coolな テーマで。


Download


ヤスクニジャズ


ヤスクニは軍事施設。

戦争のための施設。

ヤスクニは軍事施設。

戦争に ゆけと ぬかす。

過去を 美化して

いってこいこい 戦争へ。

犬死に させる。

ひとごろしを させる。

ヤスクニは軍事施設。

戦争なんかにゃ いかねーぞ。

ヤスクニなんか いらねーぞ。

戦争なんかにゃ いかねーぞ。

ヤスクニなんか いらねーぞ。

ヤスクニは軍事施設。

ヤスクニは軍事施設。


(間奏)


ヤスクニ ジャズ。ヤスクニ ジャズ。

ヤスクニは でたらめさ。

ヤスクニ ジャズ。ヤスクニ ジャズ。

ヤスクニは いらないさ

ヤスクニ ジャズ。ヤスクニ ジャズ。

ヤスクニは たわごとさ。

ヤスクニは軍事施設。

ヤスクニは軍事施設。

ヤスクニは軍事施設。

ヤスクニは軍事施設。


http://d.hatena.ne.jp/asita211/20090816/1250449081


けっかとして、こんな かんじに なりました。

f:id:toled:20090815150458j:image

ウホッ!(←読者のこころのこえ)





 というわけで、靖国神社に 行ってきました。やねごんさん(id:lever_building)と デートです。メイクに時間がかかって ちこく しましたが、ほっぺのかわいさに めんじて ゆるしてくれました。


f:id:toled:20090815151406j:image

↑なんか ちょっと アレかもしれないけど、ま、いいよね。


f:id:toled:20090815144013j:image

↑さる ゲリラ活動家は、この鳥居を たおして 神社全体を はかいする こうそうを ねってるようです。ただ、そのもくてきのためには ちょっと サイズが たりないんじゃないかと おもいました。。。


f:id:toled:20090815140747j:image

↑日の丸。ヤスクニは 侵略戦争を美化し、歴史をわいきょくして、せきにんをあいまいにする イデオロギー装置です。このような ばしょに、日の丸は よくにあいます。ぜんこくの がっこうや こうきょうしせつに ある 日の丸はぜんぶ ヤスクニに 寄贈しましょう。軍国主義グッズは 軍事施設へ。


そのあと、id:Romanceさん、id:hokusyuさんと合流しました。ランチしようということに なったのですが、hokusyuさんは おなかが すいてないとのことなので、お茶も食事もできる店を さがしました。ちょうどマックが ありましたが、やねごんさんが「マックはいやだ」とKY発言。けっきょく ドトールに 入りました。


つづいて反靖国デモへ。

f:id:toled:20090815163444j:image

↑とうぜん、こちらの 日の丸には バッテンが ついてます。


 デモ自体 は 小規模なものでしたが、はるかに おおぜいの 警察・公安が とりかこみ、あれこれ いちゃもんを つけてきて うざかったです。やがて やはり たすうのウヨクが とちゅうから 沿道を 併走するように ついてきて、罵声をあびせたり、デモ参加者に おそいかかったり してきて マジでこわかったです。たまたま目が あったウヨク(with トラメガ)に「朝鮮人!」と どなられて、ぼくは きょうふと こんらんで ふるえながら たちつくしてしまいました。日本人としての 特権に守られているものとして、あのとき どう返せばよかったのか かんがえています。

 また、ウヨクの攻撃が はげしくなるにつれて、警察がウヨクからサヨクをまもる、みたいな構図もあらわれて、ふくざつな気持ちになりました。ぼくなど、ふと気がついたら、警察によって分断されたサヨクとウヨクのウヨク側にいて、あわててサヨク側に戻ろうとしても警察にガードされて冷や汗をかきました。「反靖国」メイクをアピールしたら ようやく 通してくれました。そんなことがあると、ふと警察が 「いいひと」たちに おもえてきてしまいますが、もちろんそれは 認知のゆがみです。本当にもんだいなのは、「行動する保守」というよりは、天皇制国家日本です。警察は、天皇制国家-ヤスクニに ぞくしています。だから、反ヤスクニは反警察でもなければありません(じっさい、デモ開始時にはトラメガで警察に抗議してる人もいました)。

 うーむ。と思ってしまいましたが、「われわれは、都合がよければ警察を利用するし、都合がよければ警察を粉砕する」とhokusyuさんが まとめてくれました(なお、「われわれ」っていうのはデモ主催者のことじゃなく、そこにいた数人のことです)。

というわけで じょうだんではなく しんこくな もんだいですので、こんな ふざけた 日記では なくて やねごんさんの まじめなレポートを見てください↓。


「ヤスクニの ちかくで さわいで きました」

http://d.hatena.ne.jp/lever_building/20090816#p1



あ、そうそう、「ヤスクニジャズ」は 9月5日に大阪のライブで きけるよー↓。

「ライブ:「ニートはジャズ」9月5日に 高槻(たかつき)」

http://d.hatena.ne.jp/hituzinosanpo/20090817/1250439906

|